本文へスキップ

日商PC検定 資格取得

日商PC検定の魅力/日商PC検定試験合格を目指す

お知らせ日商PC検定の魅力

日商PC検定
■ 日商PC検定は実際の仕事と直結

(1)現在の企業実務では、パソコンが使えるだけでは評価は低く、実際、使えないと仕事にはならないというのが実情です。

昨今の企業実務では、社長から一般社員、アルバイトに至るまでパソコンを使って仕事をするのが当たり前になっています。かつてのようにパソコンを使えることが特別なスキルではなく、逆にパソコンが使えないと仕事にならない状況にあります。よって、専門職・技術職として高度で専門的なスキルをもつ場合は別ですが、単にパソコンが使えるというだけでは企業において評価は得られなくなっています。



(2)パソコンの活用と通常業務が一体となってきています。

かつて、パソコンが社内に数台、部署に1台設置されているような時代には、パソコンを使用する時は、ワープロやデータ集計、グラフ作成などパソコンにしかできない機能を用いるためでした。

現在、多くの職場では社員一人ひとりの机の上にパソコンが置かれ、パソコンを介して日常業務の大半が行われています。つまり「パソコンを使用している=仕事をしている」といえます。



(3)パソコンをいかに利活用して、仕事を進められるかが、ダイレクトに能力評価に結びつく

こうした状況から、もはや企業においては、業務の遂行能力とパソコンの利活用能力が一体となって評価されるようになっているといえ、仕事ができる社員はパソコンやネットワークを効果的・効率的に利活用できる能力を備えているといえます。短時間で適切なビジネス文書を作成できる、分かりやすく効果的なプレゼン資料を作成できる、業務データを様々な角度から分析でき る、これら全ては仕事力に係ることであり、その背景にはパソコンの利活用能力があります。



(4)企業実務に即した検定試験でないと意味がない。

以上のことから、産業界の人材ニーズを踏まえた検定試験を実施している商工会議所としては、企業実務を離れて単なるパソコンに関する知識やスキルを問う試験は意味がないと考えております。

日商PC検定は一面的にはパソコンやネットワークの操作・活用能力を問うものですが、試験では実際の企業実務を想定した内容で、本質的には仕事力を問うものであるといえ、学習を通じて仕事力のアップを図るものであるといえます。




■ 日商PC検定は、ネットワークの出の活用を前提にしています。

(1)現在の企業実務では、全てのパソコンがネットワークにつながっている。

企業内のパソコンはほとんど全て、社内はLANで、外部とはインターネットでつながっている状況にあります。もはやスタンドアロンで使用している例はなくなったといってもよいでしょう。LANやインターネットは仕事のやり方を大きく変えており、これからはパソコンのみならず、これにつながるネットワークをいかに活用するかが重要になります。  



(2)電子メール、ホームページはじめネットワークが企業活動の基盤となった。

ネットワークの活用として最も顕著なものが、電子メール、ホームページではないでしょうか。もはや電子メールは電話やファクシミリとならび、コミュニケーションのツールとして、ホームページは情報発信、収集の手段として、企業実務では不可欠なものとして定着しております。このようにネットワークは新たな企業活動のインフラ、コミュニケーションの基盤となっているといえます。



(3)ネットワークにより、社内、社外と電子データを流通、共有、活用することが業務の前提となった。

企業実務では、このネットワークインフラを活用して、従来の紙媒体に代わり、社内や社外と電子データを流通、共有、活用することで仕事を進めることが一般的になりました。これにより、ネットワークを使いこなせないと当人が仕事にならないのみならず、そのためにネットワークでつながっている業務全体に支障がでてしまう事態に陥ります。



(4)ネットワークを活用した仕事の進め方や仕事術を学ぶ必要がある。

よって、パソコンとともに、ネットワークの利活用は企業人として必須のスキルになっており、これを有効に活用する仕事の進め方や新たな仕事術を学ぶことが求められています。日商PC検定では、文書の作成から保存、再利用まで、あるいは業務データの発生から活用、保存まで、ネットワークを前提とした内容になっています。




■ 日商PC検定はデジタル仕事術を学びます。


(1)現在の企業実務では、紙媒体主体から電子データ主体にビジネススタイルが変化している。

パソコンとネットワークによる仕事が一般的になるということは、紙媒体中心による仕事のやり方から電子データを中心とする仕事のやり方に移行していくことを意味します。これまでは、紙媒体の文書や資料を作成するためにパソコンを利用していたものが、今や電子データでの処理が主体となり、必要に応じてプリントアウトするようにビジネススタイルが変化しています。



(2)電子データの特徴とその取り扱いを理解し、デジタルパワーを業務に活かすことが重要である。

こうしたなか、紙に書かれた情報とは違う電子データの特徴とその取り扱いを十分に理解するとともに、これによるパワーを業務に活かすことが重要であり、これからの仕事の進め方に求められるものです。



(3)電子データを主体とする新たなビジネススタイルに対応した仕事術を身につける必要がある。

これからは、電子データを中心に仕事を進める新たな仕事のスタイル、仕事術を身につけることが企業人として大きなアドバンテージになります。これについては、現在、企業で働く人は何となく必要だと感じていることですが、具体的かつ体系的に学ぶ機会やツールがありませんでした。本検定試験では、このデジタル仕事術を1冊のテキスト(「ネット社会のデジタル仕事術:廣済堂出版」)に体系的にまとめ、これを学習してもらうことで修得してもらうことを想定しています。



日商PC検定では、パソコンやネットワークの利活用能力に加えて、デジタル仕事術を身につけることができ、企業現場において仕事力で差をつけます。





新着情報通信講座

  ユーキャンの日商PC検定3級講座

わずか2・3ヵ月で、3級合格の実力を無理なく養成!

「文書作成」又は「データ活用」の、いずれかの単独コースなら、
わずか2ヵ月で合格力がつきます。
カリキュラムはとってもシンプル!
全国の資格取得講座・スクール情報が満載。今すぐ資料請求!  


日商PC検定とは

■ 日商PC検定のメリット

■ 日商PC検定の魅力

日商PC検定試験とは

■ 日商PC検定試験の内容

■ 日商PC検定試験概要

日商PC検定試験(文書作成)

■ 1級

■ 2級

■ 3級

■ ベーシック

日商PC検定試験(データ活用)

■ 1級

■ 2級

■ 3級

■ ベーシック


リンク集

LINK1  2  3  4  5  6  7  8