本文へスキップ

日商PC検定 資格取得

日商PC検定ベーシック(データ活用)/日商PC検定試験合格を目指す

お知らせ日商PC検定ベーシック(データ活用)

日商PC検定■ 試験科目
試験科目 試験時間 合格基準
実技 30分 70点以上



■ 出題範囲
  文書作成 データ活用
実技科目
  • 企業実務で必要とされる文書作成ソフトの機能、操作法の基本を身につけている。
  • 指示に従い、正確にビジネス文書の文字入力、編集ができる。
  • ビジネス文書(社内・社外向け)の種類と作成上の留意点を承知している。
  • ビジネス文書の特徴を承知している。
  • 指示に従い、作成した文書ファイルにファイル名をつけ保存することができる。
  • 企業実務で必要とされる表計算ソフトの機能、操作法の基本を身につけている。
  • 指示に従い、正確に業務データの入力ができる。
  • 指示に従い、表計算ソフトにより、並べ替え、順位付け、抽出、計算等ができる。
  • 指示に従い、グラフが作成できる。
  • 指示に従い、作成したファイルにファイル名をつけ保存することができる。。
実技科目 使







  • 文字列の編集〔移動、複写、挿入、削除 等〕
  • 文書の書式・体裁を整える〔センタリング、右寄せ、インデント、タブ、小数点揃え、部分的な縦書き、均等割付け等〕
  • 文字修飾・文字強調〔文字サイズ、書体(フォント)、網かけ、アンダーライン等〕
  • 罫線処理
  • 表の作成・編集〔表内の行・列・セルの編集と表内文字列の書式体裁等〕
  • ワークシートへの入力
    ・データ(数値・文字)の入力
    ・計算式の入力(相対参照・絶対参照)
  • 関数の入力〔SUM、AVG、INT、ROUND、IF、ROUNDUP、ROUNDDOWN等〕
  • ワークシートの編集
    ・データ(数値・文字)・式の編集/消去
    ・データ(数値・文字)・式の複写/移動
    ・行または列の挿入/削除
  • ワークシートの表示/装飾
    ・データ(数値・文字)の表示形式変更
    ・データ(数値・文字)の配置変更
    ・データ(数値・文字)サイズの変更
    ・列(セル)幅の変更
    ・罫線の設定
  • グラフの作成
    ・グラフ作成〔折れ線・横棒・縦棒・積み上げ・円等〕
    ・グラフの装飾
  • データベース機能の利用
    ・ソート(並替え)
    ・データの検索・削除・抽出・置換・集計
  • ファイル操作
    ・ファイルの保存、読込み



■ 試験方法と合否判定
試験会場のパソコン等を利用して、試験の自動実行プログラムおよび試験問題を、インターネットを介しダウンロードして実施します。試験終了後、受験者の答案(データ)をインターネットを介して、日商に送信し、中央採点を行った後、結果をご通知します。


■ 注意事項

実技科目で使用できるソフトウェアは、Microsoft Excel(2000、2002、2003、2007、2010)のみです。




新着情報通信講座

  ユーキャンの日商PC検定3級講座

わずか2・3ヵ月で、3級合格の実力を無理なく養成!

「文書作成」又は「データ活用」の、いずれかの単独コースなら、
わずか2ヵ月で合格力がつきます。
カリキュラムはとってもシンプル!
全国の資格取得講座・スクール情報が満載。今すぐ資料請求!  


日商PC検定とは

■ 日商PC検定のメリット

■ 日商PC検定の魅力

日商PC検定試験とは

■ 日商PC検定試験の内容

■ 日商PC検定試験概要

日商PC検定試験(文書作成)

■ 1級

■ 2級

■ 3級

■ ベーシック

日商PC検定試験(データ活用)

■ 1級

■ 2級

■ 3級

■ ベーシック


リンク集

LINK1  2  3  4  5  6  7  8